足尾環境学習センター

施設概要

  自然の大切さと環境問題が学べる施設として、銅親水公園内に足尾環境学習センターが2000年に開設されました。

 空から見た足尾の風景が床に広がる展示室内には、松木の歴史をはじめ、鉱害や緑化事業の歴史などの写真資料が展示されているほか、マジックビジョンやミニシアターでは映像で松木渓谷や足尾に関する情報が提供されています。

 また研修室は、 大画面で足尾の歴史と自然を紹介するとともに、講座や学習にも利用されています。

 足尾での環境学習は「見る、学ぶ、体験する」ことですが、その中の「学ぶ」を担うのが、この足尾環境学習センターです。体験植樹を実施する学校や団体は、ぜひご活用ください。

 足尾環境学習センターは市で運営されていましたが、指定管理者制度の導入により、2007年から育てる会に管理運営が業務委託されています。

利用案内

開 館:4月1日~11月30日  9:3016:30(入館16:00)

入場料:200円(高校生以下100円・未就学児無料) 15人以上は1割引

TEL・FAX 0288-93-2525

※冬季閉館中の連絡は以下

 TEL 0288-93-2180 FAX 0288-93-2187

 初夏から夏までは木々の緑に囲まれ、秋には鮮やかな紅葉を楽しみながら使用できる研修室がございます(定員45名、AV機器類使用可能)。

 体験植樹の前後に、座学での講演会を行いたい場合など、ご利用ください。

利用については学習センターまでお問い合わせください。

 利用料金:町内在住者2050円(1時間)、

      町外在住者4110円(同)

 

無料下見について

修学旅行・団体研修などで事前下見を希望する皆様には、無料で入館できる「下見」を設定してあります(人数不問)。周辺の安全状況やトイレなどの設備確認に加えて、展示内容の確認など、ご相談に応じることができます。事前に下記の連絡フォームを通じてご一報ください。

環境学習ビデオ

センターでは、足尾における環境復興を通じて広く学習できる動画をご用意しております。

  • 「ふるさとを流れる渡良瀬川」(国土交通省渡良瀬川河川事務所、1994年(頃)、15分)
  • 「わたらせ川の砂防」(国土交通省渡良瀬川河川事務所、2007年、15分)
  • 「人と水と緑と:治山のはなし」(林野庁関東森林管理局、2002年、15分)
  • 「松木村のはなし」(日光市、2000年3月、8分)
  • 「青く遠い日」(日光市、2000年3月、20分)
  • 「よみがえる足尾の緑」(足尾に緑を育てる会、2005年、34分)
  • 「日本に住むなら知っておこうさい害:自分の命を守るために(小学校低学年向け)」(企画・監修 社団法人土木学会)

1.基本編 19分

2.地震・津波編 21分

3.台風・豪雨編(洪水・高潮)20分

4.台風・豪雨編(土砂災害)20分

環境学習センター(下見など)に関するお問い合わせ

足尾環境学習センターのご利用について、お問い合わせ事項がございましたら、こちらからお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に 活動を通して貢献します。

 公財) 河川財団の河川基金の助成を頂いています

ローソン緑の募金の助成を頂いています。

Panasonic NPOサポードファンドの助成を頂いています。

プロジェクト未来遺産登録

間藤駅そばに自販機Cafe OPEN    8-18時営業  Free-wifi

 日光ブランド“環境分野”に認定されました。